16/12/29 更新

ハラスメント防止 eラーニング講座~ミテモ株式会社ではeラーニング教材・コンテンツの制作・販売を行っています

標準的なeラーニング・プログラムのご紹介

対象

新入社員から管理職まで

形式

スライド型eラーニング

内容

組織のダイバーシティが広がる中、個々人の認識も多様化し、 ハラスメントが起きやすい世の中になっています。 本eラーニングでは、ハラスメントの中でもセクハラ・パワハラにスポットをあて、それぞれの定義と対応方法について学びます。 また、ハラスメントが個人・組織にもたらす影響をケースを通じて学び、ハラスメントに対する危機意識を醸成します。

eラーニングにて、セクハラ・パワハラの種類・原因・判断基準を学ぶことで、 判断の難しいグレーゾーンにも対応できる考え方を習得できるため、 ハラスメントを起こさないための知識と考え方が身に付きます。

カスタマイズをするならば

ハラスメントの事例について要望を盛り込んで制作することができます。自組織
で起こりがちなハラスメントのグレーゾーンを具体的に認識し、自分はハラスメント
をしていないつもりでしてしまっている方に気づきを与えることができます。
カスタマイズに際しては、企画費用を加算させていただきます。

eラーニングプログラム例
時間
内容
形式
26分
  • 1.ハラスメントとは
    ・パワハラ/セクハラの定義と判断基準を理解する
    ・ハラスメント防止のために、心がけるべきことを理解する
    ・予兆があった時の対処方法について正しく理解する
    ・ハラスメントの事例を通じて、ハラスメント防止に取り組む意義を理解する
スライド
  • 2.ハラスメントの影響
    (1)被害者への影響
    (2)加害者への影響
    (3)組織への影響

  • 3.パワーハラスメント(パワハラ)とは
    (1)パワハラの対象 
    (2)4つの種類
    (3)パワハラと指導
    (4)パワハラを起こさないために
    (5)パワハラを受けないために

  • 4.セクシャルハラスメント(セクハラ)とは
    (1)男女雇用機会均等法の改正(平成26年7月1日の施行)
    (2)2つの種類
    (3)セクハラを防ぐために

  • 5.ハラスメントへの対処法

  • 6.ハラスメントの未然防止

  • 7.ハラスメントの相談を受けたら

  • 8.ハラスメントの事例
    (1)パワハラによる損害賠償が求められた事例
    (2)パワハラが原因で自殺した事例
    (3)セクハラが原因で懲戒処分となった事例
    (4)セクハラによる損害賠償が求められた事例

  • 9.おわりに

「ハラスメントを起こさせない風土」を組織全体で作る必要があります。

ダイバーシティの進展により、高まるハラスメント防止の必要性。

近年のグローバル化に端を発し、ダイバーシティは急激に進展しています。
このような背景を受けて、働く人一人ひとりの価値観や考え方が多様化しており、
ハラスメントが起きやすい世の中となっています。

例えば、「昔は当たり前だったことだから」などと考えて
自分の考えを部下に押し付けた結果、ハラスメントに至ることも珍しくありません。

ここで重要となるのは、ハラスメント防止のための教育です。
特に、過去はよかったが、現在はハラスメントにあたるような行動、
すなわち、ハラスメントのグレーゾーンについて適切な判断軸を教育することが必須です。

とはいえ、社員全員に教育を施すことは費用・時間の面で大きなコストがかかります。
そこでお勧めなのが、受講者数によらず値段が変わらない弊社のeラーニングです。

ハラスメント防止の適切な判断軸と危機意識を持たせる。

ハラスメントを防止するためには、まずどんな行動がハラスメントに該当するのかを
知らなければいけません。ミテモのeラーニングでは、ハラスメントの中でも
特に問題となりやすいパワハラとセクハラにフォーカスを当てて、
身近で起こりうる事例を通じてハラスメントに該当する行動を学びます。


また、ハラスメントがもたらす組織・個人への影響についても
実際にあった事例を紹介することでハラスメントに対する危機意識を持たせることができ、
それを踏まえてハラスメント被害を受けにくい立ち居振る舞いについても習得します。

ドラマで伝え、ハラスメントを身近に感じられる映像教材。

「文章を読んでも、グレーゾーンに該当する行動の具体的なイメージを持つことが難しい」
「自分には関係がない、とeラーニングを積極的に受講してもらえない」


このようなお悩みには、ドラマ仕立てのハラスメント映像教材がお勧めです。
実際に事例を観ることで、具体的なイメージが湧き、グレーゾーンが明確に分かり、
自らの行動を省りやすくなります。

さらに、ミテモの映像教材はカスタマイズが可能です。
お客さまの組織において発生しうる事例をリアルな映像教材として制作ができます。
身近な設定、事例の映像教材を見ることで、ハラスメントをより身近に感じ、
eラーニングを自分に直接関係する内容と捉えて受講させることができます。

≪月額302円/人から始めるeラーニング 「STUDIO」≫

STUDIOは、65テーマ、181本の映像教材・eラーニングを、月額302円/人で視聴し放題の映像教材視聴サービスです。年間契約で10IDからご利用いただけます。システム導入などの必要もなく、すぐにeラーニングを開始できます。

⇒STUDIOの詳細はこちら

≪すでにLMS(社内システム)をお持ちのお客様向け≫

eラーニングの教材そのものを販売させていただいております。導入形式は下記の2パターンがございます。

パッケージ型
eラーニング

インソースグループの人気研修をパッケージ化したeラーニング教材・コンテンツ。すぐにご要望の形式でご導入いただけます。 1コンテンツ
税込 19万
4400円

カスタマイズ型
eラーニング

実務に即したコンテンツをご要望の場合や独自のルールがある場合にはオリジナルのeラーニング教材を制作いたします。 費用別途ご相談

≪同時にLMSも導入したいお客様向け≫

「多くのLMSになかった便利機能」を備えたインソースグループのLMS「動画Leaf」がございます。

▼多くのLMSになかった「動画Leaf」の機能

  • 1.eラーニングと集合研修を一元管理できる

    eラーニングと集合研修を別々のツールで管理している方も多いのではないでしょうか。この場合、社員の受講状況を確認するには、いちいち2つの管理ツールからデータを取り出し、比較しなければならず、手間です。

    • ・集合研修を受けていない人を抽出して、eラーニングを受講させたい
    • 反転授業形式の研修を管理したい

    「動画Leaf」は、このようなニーズを手間をかけずに実現できます。

  • 2.受講者の属性(年次・役職など)から受講者を指名できる

    階層や年次から、受講者を抽出・選定できれば、研修計画の運用にとても便利です。しかし、多くのLMSでは、細かい属性での受講者の抽出・選定はできません。「動画Leaf」は、あらかじめ社員の属性を登録すれば、階層や年次、スキルの有無などで、簡単に受講者を抽出・選定できます。

⇒動画Leafの詳細はこちら

PCのアイコンeラーニングラインナップ

ミテモでは、すぐにご購入いただける教材をはじめ、下記ラインナップを取り揃えています。
マナーやビジネススキルなどご希望のカテゴリーを選択すると各ラインナップをご覧いただけます。

eラーニングの活用ノウハウ

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


eラーニングのデモを無料でお試しいただけます

RECORD ミテモ株式会社の実績

インソースグループの取引先数

17,157※1

STUDIO契約先数累計

109※2

STUDIO発行ID数累計

8,435ID※2

STUDIO教材数

65テーマ181教材※3

※1 2003年6月~2016年9月までにインソースグループのサービスをご利用いただいたお取引先累計

※2 2015年4月(サービス開始)~2016年9月までにSTUDIOをご契約いただいたお取引先累計

※3 2016年9月末時点

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数14,612回35万9千人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

E-LEARNING eラーニングラインナップ
TRAINING ミテモの研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー
TRAINING 1名から受講できるインソースの講座

STUDIOシリーズ
アイコンSTUDIO
アイコンSTUDIO mini
アイコンSTUDIO 資格
アイコンSTUDIO 語学
アイコンSTUDIO 英語
アイコンSTUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

現在製作中のコンテンツ

無料セミナースケジュール

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告