16/12/29 更新

ロジカルシンキング eラーニング講座~ミテモ株式会社ではeラーニング教材・コンテンツの制作・販売を行っています

標準的なeラーニング・プログラムのご紹介

対象

若手社員から管理職まで

形式

講師登壇型eラーニング(インソースのロジカルシンキング研修登壇実績の豊富な講師が登場)

内容

仕事は問題解決の連続です。そのため、問題解決を効率的に進めるツールであるロジカルシンキングは、仕事に欠かせないものです。本講座では、ロジカルシンキングの基本を習得するために、MECE、ロジックツリー、ピラミッドストラクチャーのフレームワークを学びます。

本講座では、問題解決のフローに沿ってロジカルシンキングを学びます。そのため、実際の仕事でロジカルシンキングを活用するイメージを掴むことができます。

カスタマイズをするならば

お客さまへの自社商品をアピールする場面を想定した説得力のある話の良い例/悪い例の比較、役者による疑似会議シーンの整理など、具体的に実務で活用する場面を想像しやすいケーススタディや事例を作成いたします。カスタマイズに際しては、タレント費用、ロケ費用、企画費用を加算させていただきます。

eラーニングプログラム例
時間
内容
形式
21分
  • 0.はじめに
    (1)学習内容
    (2)ロジカルシンキングとは何か
    (3)なぜロジカルシンキングが必要なのか?
スライド
  • 1.問題を定義する
    (1)まず考えるべき問題を定義する
    (2)対症療法的な問題解決をしてはならない
  • 2.原因を究明し、課題を設定する
    (1)問題の原因を究明し、課題を設定する
    (2)MECEとは?
    (3)ロジックツリーとは?①
    (4)ロジックツリーとは?②
    (5)WHYツリーで原因を掘り下げる
    (6)HOWツリーで課題の解決策を検討する
    (7)フレームワークの活用
    (8)代表的なフレームワークの例
    (9)考えを検証し、本質に近づくための3つの問い
  • 3.メッセージをまとめる
    (1)メッセージを抽出し、構造化する
    (2)相手の腑に落ちやすいメッセージの3要素
    (3)メッセージをまとめるステップ
    (4)ピラミッドストラクチャー:空・雨・傘型
    (5)ピラミッドストラクチャー:WHY列列挙
    (6)メッセージの伝え方
    (7)ピラミッドストラクチャーによるメッセージの例
  • 0.終わりに

意思決定、コミュニケーション、課題解決・・・
業務のあらゆる場面でロジカルシンキングは不可欠なツールです。

誰にでも習得可能な、論理的な考え方をお伝えします。

「ロジカルシンキング」とは、情報を整理し、筋道を立てて考えることです。
ともすると難しいイメージがあり、苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
しかし、ロジカルシンキングは実は誰にでも実践できるスキルです。

ミテモのeラーニングは、ロジカルシンキングを知識の定着だけでなく、
実務での活用を想定して学びます。具体的には

「情報を整理する」
「結論を明確にする」
「結論と根拠を結び付ける」

といった手順で考える方法を解説します。
また、順を追って考える上で便利なフレームワーク
(ロジックツリー、MECE、So What/Why Soなど)を習得できます。

組織全体に浸透して初めて、ロジカルシンキングは真価を発揮します。

「論理的に話していたつもりが、気づけば議論が長引いてしまった」

このような体験をしたことはないでしょうか。
これは、自分と相手のどちらか一方だけしか
論理的に考えることができていない場合に起こります。

ロジカルシンキングとは、日本語や英語などと同じ言語のようなものです。
日本語で話す人と英語で話す人が意思疎通しにくいように、
論理的に考える人と直感的に考える人同士が話しても、中々話はかみ合いません。

一方、お互いが論理的に考えて意見交換できれば、
意思決定のスピードは上がり、コミュニケーションが円滑になります。

このことからわかるように、ロジカルシンキングは一人だけが身に付けても意味がなく、
職場全体・組織全体に浸透してはじめて真価を発揮するのです。

短期間でロジカルシンキングを体得する、集合研修との組み合わせ。

ロジカルシンキングを身に付けるには、考え方の理解だけではなく訓練が必要です。
実際に活用する訓練を何回も繰り返して、初めて身に付けることができます。

通常、研修を1日間受講しただけでは、ロジカルシンキングは身につきません。
なぜならば、1日間の研修では演習を実施したところで、知識の定着は図れても、
実践できるレベルに至るには訓練が不足しているからです。

そこでお勧めなのが、eラーニングでロジカルシンキングについて学び、
事前課題に取り組み、集合研修で繰り返し演習に取り組むことです。

この研修手法により、短期間でロジカルシンキングを体得することが可能です。

◆参考:ロジカルシンキングの反転授業

≪月額302円/人から始めるeラーニング 「STUDIO」≫

STUDIOは、65テーマ、181本の映像教材・eラーニングを、月額302円/人で視聴し放題の映像教材視聴サービスです。年間契約で10IDからご利用いただけます。システム導入などの必要もなく、すぐにeラーニングを開始できます。

⇒STUDIOの詳細はこちら

≪すでにLMS(社内システム)をお持ちのお客様向け≫

eラーニングの教材そのものを販売させていただいております。導入形式は下記の2パターンがございます。

パッケージ型
eラーニング

インソースグループの人気研修をパッケージ化したeラーニング教材・コンテンツ。すぐにご要望の形式でご導入いただけます。 1コンテンツ
税込 19万
4400円

カスタマイズ型
eラーニング

実務に即したコンテンツをご要望の場合や独自のルールがある場合にはオリジナルのeラーニング教材を制作いたします。 費用別途ご相談

PCのアイコンeラーニングラインナップ

ミテモでは、すぐにご購入いただける教材をはじめ、下記ラインナップを取り揃えています。
マナーやビジネススキルなどご希望のカテゴリーを選択すると各ラインナップをご覧いただけます。

eラーニングの活用ノウハウ

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


eラーニングのデモを無料でお試しいただけます

RECORD ミテモ株式会社の実績

eラーニングの実績

年間受講者数

9万

映像教材制作

78テーマ

映像・デザイン制作実績

映像制作実績

184社 

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数14,612回35万9千人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

E-LEARNING eラーニングラインナップ
TRAINING ミテモの研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー
TRAINING 1名から受講できるインソースの講座

STUDIO資格

STUDIO語学

STUDIO語学

STUDIO mini

STUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告