民間企業向け|挑戦(主体性)とチームワーク

本研修のねらい

近年の新人育成において課題に取り上げられることが多いのは、「自発性(自ら挑戦すること)に欠ける」ということです。本研修プログラムはチームで協働してものづくりに取り組む過程を通して、質の高い仕事をするためには挑戦の量が絶対的に重要であることを体験的に学ぶことで、自発性を促進します。

座学中心の研修ではなく、研修時間の9割を実践と振り返りに割く体験重視の研修です。講師を顧客として見立てて、ビジネスマナーなどの実践を行い他の研修のスキル定着も目指します。チームとしてより多くの挑戦をした方が成果が上がるシミュレーションを2回繰り返すことで、挑戦すること・チームワークを発揮すること(そのためにはまずは自分から動く必要があること)を体験を通して学んでいただきます。

研修プログラム例

2日間

プログラム

1.はじめに ~アイスブレーク

  • (1)チーム名とチームリーダーの決定
  • (2)ものづくりにまつわるアイスブレーク

2.仕事とは?

  • (1)仕事とは何か
  • (2)PDCAとコミュニケーション
  • (3)現場で質の高い仕事をするための5つのキーワード
  •    ①目的・目標・手段
  •    ②他者視点と相手目線
  •    ③QCDRS
  •    ④まずは自分から行動する(挑戦することの重要性)
  •    ⑤他責にならない

3.【体験ワーク①】相手のニーズを超える仕事をする

  • (1)ニーズを捉えてから考えるという基本的な姿勢を理解する
  • (2)相手のニーズを捉えるポイント
  • (3)相手のニーズを超えた仕事とはどのようなものか?を体感する

4.体験ワーク①の振り返り

  • (1)【グループワーク】ペアワークを振り返ってうまくできたこと課題だった事を振り返る
  • (2)付加価値の高い仕事をする上でのポイント
  •    ①相手は自分のニーズに気付いていないことが多い
  •    ②適切なフィードバックを受ける
  •    ③トライ&エラー(失敗を恐れない)
  •    ④アイデアを出す上での考え方

5.チームワーク発揮のポイント

  • (1)チームワークを発揮するためのコミュニケーションのポイントとは?
  • (2)チーム内で目的・目標・手段・状況を共有する
  • (3)チームの方針(コンセプト・グランドルール)を決め、守り抜く
  • (4)まずは自分から発信する

6.【体験ワーク②】ものづくりワークショップ

  • 目的①:顧客の要望に応え、より多くの支持を集め売上を上げる
  • 目的②:顧客からヒアリング、提案、受注、コスト管理、プレゼンテーション、売上獲得までの一連を体感することで、会社組織のお金の流れを理解する。
  • 目的③:体験ワーク①を振り返り、改善に取り組むことでPDCAの癖をつける
  • (1)各グループから営業担当者を1名選出する
  • (2)営業担当者のみ講師(顧客役)のもとに集まり、講師から
  •     仕様書を与えられ概要の説明を受ける
  • (3)グループに戻り、質問をすべき内容を整理する
  • (4)各グループで講師にアポを取り3分間の制限時間内にニーズをヒ
  •     アリングする(講師に対するビジネスマナーの実践)
  • (5)ヒアリング内容をもとに各グループで仮説を検討。出来上がり商品
  •     イメージをスケッチするとともに企画書を作成する。(ビジネス文書研
  •     修の実践)
  • (6)講師にプレゼンテーションを行い、要件にあっていれば通過/要件に
  •     あっていなければ考え直しが指示される
  • (7)実際にLittleBitsで商品イメージを具体化する
  •     その際、各グループには予算が割り当てられている。使用するモジュー
  •     ルや素材ごとにコストがかかる。
  • (8)チームで協力して作り上げ、講師の容認を受ける
  • (9)完成したチームからプレゼンテーションの練習を行う
  • (10)クラス内プレゼンテーション
  •     各受講者が1票をもち、お互いに投票を行う。評価の指標は①顧
  •     客のニーズを満たしている ②Something New(創意工夫)が
  •     ある ③プレゼンテーション
  •     ※獲得票数が売上であり、一位のチームが優勝

7.ものづくりワークショップの振り返り

8.明日からのアクションプラン

手を動かし、思考を刺激する学習ツール

一人一人が持っている創造性を最大限引き出すために、ミテモのものづくり研修では多種多様なツールを用いて研修プログラムを設計いたします。ここではその一部をご紹介いたします。

アニメーション制作ソフト

ブロック玩具

マイコンキット Arduino

電子工作玩具

3Dプリンター

その他、折り紙や画用紙、クレヨンなど様々な工作キットを使用します

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


RECORD ミテモ株式会社の実績

ものづくり研修の実績

導入企業数
※学校含む

12

受講者数

500

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数9,715回27万人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

TRAINING ミテモのものづくり研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー

STUDIO資格

STUDIO語学

STUDIO語学

STUDIO mini

STUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告