民間企業向け|自ら仕事を創り出す力を高める

本研修のねらい

本研修は自分自身の仕事のやり方が確立してきた3~7年目の中堅層におすすめです。仕事を与えられるのではなく、「自ら目的を創り出す力」を高めることで、より付加価値の高い仕事ができるようになっていただくことを目指します。

研修プログラム例

1日間

■本プログラムの特徴

研修時間の9割を体験型ワークで占める参加型の研修です。1日を通して、参加者同士で相手のニーズは何か?本当は何を求めているのか?を考え抜いていただきます。これまでに参加された受講者からも「これだけ頭を使った研修ははじめて」「とても疲れたけれど、これまで受けた研修の中で最も楽しかった」といった感想が寄せられています。

プログラム

0.はじめに ~アイスブレーク

  • (1)チーム名とチームリーダーの決定
  • (2)ものづくりにまつわるアイスブレーク

1.仕事の本質とは?

  • (1)仕事の本質とは何か?
  • (2)さまざまな付加価値の高い商品・サービスの事例から、
  •    仕事の本質を考える上でのヒントを学ぶ

2.【ペアワーク】相手のニーズを超える

  • このワークではペアになり、お互いにヒアリングからプロトタイプ作成、そしてプレゼンテーションを行っていただきます。
  • ワークを通して下記3点を目指します。
  • ①相手のニーズ起点で自ら考えるという基本的な姿勢の重要性を理解する
  • ②相手のニーズを捉えるポイントを体感する
  • ③相手のニーズを超えた仕事とはどのようなものか?を体感する

3.グループワーク:振り返り

4.「発想」の出し方

  • ※ひらめきや発想優先で、潜在的な課題や将来の課題の洗い出し方を解説
  • 「発想」「企画アイディア」を出す5つの方法
  • ・改善法 ・翻訳法 ・マトリックス法 ・定点観測法 ・合体法
    【ワーク】マトリックス法を使って発想する

5.【グループワーク】ものづくりを通じた、業務改善企画を具体化

  • このワークではグループごとに、相手役になっていただき、隣のグループの特定の誰かのニーズを満たす"もの"を作っていただきます。
  • ワークを通して下記3点を目指します。
  • ①前回のワークを振り返り、実践し、改善するPDCAサイクルを実践する
  • ②ニーズは何か?(目的)、何を作るのか?(目標)をチームで共有しながら進めるコミュニケーションのポイントを理解する
  • 協働しアイデアを出し合いながら一つのものを作り上げていくポイントを理解する

6.ものづくりワークショップの振り返り

  • ワークショップで得られた気づきを「ただ楽しかった」で終わらせることなく、振り返りを重点的に行います。一人ひとり2分間で感じたことをグループの中で共有するとともにグループで学んだことを3つに絞り、全体で発表します。

7.明日からのアクション・プラン

手を動かし、思考を刺激する学習ツール

一人一人が持っている創造性を最大限引き出すために、ミテモのものづくり研修では多種多様なツールを用いて研修プログラムを設計いたします。ここではその一部をご紹介いたします。

アニメーション制作ソフト

ブロック玩具

マイコンキット Arduino

電子工作玩具

3Dプリンター

その他、折り紙や画用紙、クレヨンなど様々な工作キットを使用します

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


RECORD ミテモ株式会社の実績

ものづくり研修の実績

導入企業数
※学校含む

12

受講者数

500

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数9,715回27万人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

TRAINING ミテモのものづくり研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー

STUDIO資格

STUDIO語学

STUDIO語学

STUDIO mini

STUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告