OJT課題克服ワークショップ

カテゴリー:ブロックを用いたワークショップ

16/06/06 更新

ねらい

OJTトレーナーとトレーニーの両者が参加するワークショップです。それぞれが抱える課題や価値観について、 ブロックを用いた表現を通じて互いの問題意識をすり合わせ、相互理解を深めます。明らかになった課題に対する解決方法を一緒に考えるとともに、 次の目標を設定します。

期待される効果

ブロックというツールは右脳に刺激を与え、自由な発想を促すため、ブロックを使った表現は人の価値観を深く表すことができます。 思考の表現にブロックを使うことで、それぞれが見ていた問題が可視化され、言葉だけのコミュニケーションよりも深いレベルで課題を共有できる可能性が拓かれます。 また、個人対個人の考えのすり合わせを通じて、組織として解決するべき課題が明確になります。

カリキュラム

時間
プログラム内容
7時間
  • 1.アイスブレイク
  • ブロックを使ったコミュニケーションに慣れる
  • (1)お互いの価値観を共有する
  • (2)ブロックの操作になれる
  • 2.ブロックを使って各々の「大切にしている仕事観」を表現し、共有する
  • (1)適切なフィードバックのかけ方を学ぶ
  • (2)相手が最も大切にしている要素を理解しようとする
  • 3.質問をするために必要な「聴く力」と「訊く力」について学ぶ
  • (1)あいづちの打ち方
  • (2)反復、要約など傾聴スキル
  • (3)質問の類型「オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン」など
  • 4.自分の現在を作っている過去とのつながりを共有する
  • (1)お互いの過去の成功体験・失敗体験を聴き合い、共感を示す
  • (2)お互いの原体験を理解し合う
  • 5.OJTトレーナー・トレーニーで「お互いの目に映る姿」を表現し合う
  • (1)「相手の強み、性格、特徴、課題」について、ブロックを使って表現する
  • (2)相手の成長を助けるフィードバックの術を身につける
  • 6.OJTトレーナー・トレーニーが各々の立場から見ている「現在の課題」を表現する
  • (1)この数ヶ月を振り返り、「自分が抱えている課題」を表現する
  • (2)「課題を克服している自分」「課題を実現するために必要なスキル・プロセス」を表現する
  • (3)問題発見力の高め方と、課題全体を捉えた長期的な視点からの問題解決について学ぶ
  • 7.「〇年後に作り出したい未来」をデザインする
  • (1)理想の未来をデザインすることで、大きな目標と志を持つきっかけを得る
  • (2)未来を達成するためのアクションプランを作成する
  • 8.今日のワークショップを振り返る
  • 今日学んだこと、気付いたことについて話し合う

まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問合せは 03-3518-0611

メールでのお問合わせはこちら


RECORD ミテモ株式会社の実績

ものづくり研修の実績

導入企業数
※学校含む

12

受講者数

500

ミテモ株式会社は、年間研修実施回数9,715回27万人に研修を受講いただいている株式会社インソースの関連会社です。

TRAINING ミテモのものづくり研修ラインナップ
SERVICE ミテモのサービス
SEMINAR 無料セミナー

STUDIO mini

STUDIO フレッシャーズ

ブロックを使った無料体験ワークショップ

派遣会社様向けeラーニング

新着情報

⇒クラウド型eラーニング「STUDIO」
⇒eラーニングのデモ視聴(無料)

新着情報

現在製作中のコンテンツ

メールマガジン

人材育成に関しての情報・知識をお届けしております。
配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。

お気軽にお問合せください

お電話のかたは
03-3518-0611

BLOGミテモ関連ブログ

漫画制作

漫画制作の価格

ミテモ写真さんぽ部

ミテモ活動報告